• ソリューション
  • 導入事例
  • サービス
  • 取扱商品
  • 会社情報


モチベーションを高める無駄のないオフィスレイアウト

原文運輸株式会社

高品質カラー原稿の次世代コミュニケーション環境を目指して

より機能的なビジネス空間へ

オフィスの機能性を回復するため、構内ネットワーク構築を含む、大々的なレイアウト変更を実施。ネットワーク複合機を利用したデータの共有化、広い作業スペースの確保により、快適で有用なビジネス空間の実現を目指しました。

導入前 (before)
  • オフィスレイアウトが原因で業務の作業効率が低下。
  • 共有できにくい位置が原因でネットワーク複合機が共有化されていない。
導入後 (after)
  • レイアウトの変更により、個人の作業スペースが拡大され作業の効率がUP。
  • 複合機が共有され、データもネットワークで共有・管理可能になった。

課題

運送マネジメントのツール「運送業経営管理システム」を活用し、日本全国に建築資材を配送する原文運輸株式会社では、業務の中核を担う事務所内作業の効率が上がらないことが課題となっていました。原因は、オフィスレイアウト。事務所の端に置かれた複合機は共有化できず、情報コミュニケーションの阻害要因となっていました。また、事前依頼のファイルなどが書庫に山積みされており、必要な書類を探すのに苦労するといった状況でした。

ベーシックの提案した解決策

ベーシックは、オフィスレイアウトの改変を機に、ネットワーク複合機の設置場所の変更を提案。さらに複合機を中心とした事務所内ネットワークを構築し、情報の共有化による業務効率の向上を目指しました。

導入と効果

複合機を中心としたネットワーク化の恩恵は、なんと言ってもデータの共有化。これまで紙ベースで取り扱われ管理が煩雑となっていた履歴書類などは、スキャンして複合機内の共有フォルダにて一元管理。充実したシェア環境が整備されたことで、データへのアクセス速度が飛躍的にアップしました。さらに、ドキュメントが電子化されたことでセキュリティも向上し、ネットワーク構築を基点として多角的な効果をあげることができました。

事務所中央部に再配置された複合機が、オフィス内に新たな導線を生み、使い勝手の良さから作業がスムーズに行われるように。

オフィスレイアウトの変更によって、社長を含むスタッフ全員の作業スペースも拡大し、これまで以上に活気ある機能的なビジネス空間が実現。

お客様の声

原文運輸株式会社様
仕事で長い時間居る場所なので、ストレスを感じない空間をつくることにこだわりました。快適なオフィス空間が、これまで以上に仕事をやる気にさせてくれます。今回は本当に良い買い物ができました。

原文運輸株式会社
関東一円から日本全国に建築資材を配送する原文運輸株式会社。多数の車種を保有し、木材、パイプ、生コンクリートなどさまざまな資材の運送を担っています。事務所では専用アプリケーションソフトを使用し、少数精鋭で活気ある運送管理業務を行っています。
URL : http://www.e-harabun.co.jp/