ネットワークセキュリティ

network security

ベーシックシステムのネットワークセキュリティサービス

ネットワークキュリティは「ハードウェアやシステムによる対策」と「人による対策」の2つの対策が必要不可欠です。
ベーシックシステムでは、専任担当者からお客様の会社に適したご案内をさせていただきます。

  • セキュリティ専任担当者が親身に丁寧に対応
  • 企業規模・業種に適した対策をご提案
  • 充実したアフターフォロー体制

ベーシックシステムのネットワークセキュリティソリューション

UTM ( 統合脅威管理 )

UTM(統合脅威管理)とは、ファイアウォールのほか、Webフィルタリング、アンチスパム、アンチウイルス、IPS(侵入検知)など複数のセキュリティ機能を一つに集約した機器で、中小企業には必須のネットワークセキュリティ機器です。

Watch Guard

WatchGuardは、アンチウイルスは「Bitdefender」、「WebフィルタリングはWebsense」といったように、各セキュリティ機能を世界をリードするセキュリティベンダーの技術を利用し、優れたパフォーマンスを発揮します。

シグネチャによる既知のマルウェアの検知に加え、変異し続ける悪質なマルウェアはAPT Blocker(クラウド型サンドボックス)でより精度の高い検知で、貴社のネットワークを感染・攻撃から守ります。

また、ネットワークの状況を記録するDimensionログサーバーを使い、脅威や問題、傾向を抽出しレポートとして「見える化」し管理することが可能です。

セキュリティソフト

F-Secure

従来のセキュリティソフトは、保持しているシグネチャと一致しないマルウェアは検知することができませんでした。そのウィークポイントをエフセキュアは独自テクノロジーである「ディープガード」でカバー。エフセキュアが世界中に配置するサーバーに問い合わせたり、隔離したうえで検査したりして未知のマルウェアも検知します。

さらに、管理ポータルサイトを使って、利用しているクライアント(PCやサーバー)のOSや各アプリケーションのバージョンを一元管理し、常に最新のバージョンを保つことができます。管理ポータルサイトで各クライアントを管理できるので、BYODや自社オフィス外での使用でも、クライアントを確実に保護することが可能です。

ESET

独自開発のヒューリスティック技術を20年以上前から活用しているESET。「静的解析(プログラムコード解析)」、「動的解析(エミュレータ)」、「遺伝子工学的解析(ジェネリックシグネチャ)」の3つの機能によって、詳細な分析と悪意のある振る舞いを識別することで新種のウイルスなどの脅威に対応しています。

セキュリティソフトの懸念事項のひとつでもある動作についても、軽快な動作を実現していると、ベンチマーク会社から高い評価を得ています。ユーザー満足度調査でも数多くのNo.1実績を持つ、信頼おけるセキュリティソフトです。

お電話でのお問い合わせ

0120-566-666

平日 9:00 ~ 18:00 ( 休日除く )

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ